ミニマリストねこの暮らし

1Kの賃貸で猫と彼と暮らすミニマリスト

ミニマリストの私が持っていないもの

 

こんにちは。ミニマリストのねこです。

 

あるのが当たり前、普通だと思い込んでしまっていると、自分にとっては必要ないものや捨てても困らないものに気がつけなかったりします。

 

生活に必要なものは人それぞれ。ミニマリストになって自分に必要な最小限のものしか持たないと決め、それ以外の物を捨てていくと、大半の家にはあるようなものでも自分は持っていないものが結構あるんですよね。

 

そこで今回はミニマリストの私が持っていないものを、リビング・キッチン・バストイレそれぞれの場所別に、まとめてみたいと思います。捨てる物を見つけるときの参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

ミニマリストの私が持っていないもの7つ(リビング編)

f:id:neko-gurashi:20200825112915j:plain

 

ティッシュペーパー

まずどこの家庭にでもあると思われるティッシュペーパー。私は持っていません。私がティッシュを持たない理由は愛猫がいたずらしてしまうからです。

まだ子猫の頃にはティッシュを持っていて、仕事から帰ってきたら部屋中にティッシュが散らばっていたことがトラウマです。

いたずらされないように気を使うのも面倒なのでティッシュ自体を持たなくなりました。

 

なくしてみて気づいたのは、なくても全く困らないということですね。鼻をかむならトイレットペーパーがありますし、こぼしたものや汚れを拭くならウェスで十分です。

普段からティッシュのない生活をしているおかげでコロナ禍でティッシュが店頭から消えたときにも全く困りませんでした。同じような理由でキッチンペーパーも持っていません。

 

時計

私の部屋には壁掛けの時計や置時計、目覚まし時計、キッチンタイマーなんかもありません。時間を知りたいときにはスマホを見ます。

目覚まし時計ではなくスマホのアラームを使っています。スマホの方が分刻みで時間をセットできて便利です。

 

しかも自分の好みの音楽で起きられる。今思えば目覚まし時計のあの耳障りな大きい音が起きたくない、もう少し寝ていたいという気持ちにさせていたんじゃないかなと思います。

1人1台スマホを持っている現代で、公共の場やお子さんがいるご家庭以外は、時計は必要ないんじゃないかなと感じています。

 

 

 

暖房器具

冬には必需品かと思われるこたつやカーペット・電気毛布などの暖房器具も私は持っていません。

節約系ミニマリストである私は冬でも暖房は使わないからです。部屋ではフリースを着て、それでも寒ければ毛布をかぶって過ごします。もともとついているエアコンも夏には使いますが、冬には使いませんね。

 

暖房器具がなくても済むのは、もともと部屋が狭くて天井も低く、冷気が入ってくる窓も1か所しかないからですね。暖房が必要かそうでないかは部屋の広さや間取りによるところがかなり大きい気がします。

暖房を使いたくないなら狭い部屋、窓が小さい部屋、天井が低い部屋に暮らすのもありなんじゃないかなと思います。夏には冷房が効きやすいというメリットもありますよ。

 

本棚

私の趣味は読書。ミニマリストになる前は100冊以上は本を持っていたと思います。私は本が1番捨てられなくて、絶対減らせない!と思っていたのですが、ミニマリストになった今持っている本は5冊、本棚は持っていません。

 

ここまで本を大幅に減らせた理由は、電子書籍やkindle Unlimitedを利用し始めたから。紙の本を買っても結局1度しか読まないことが多くて、すぐに手放すことになってしまうので、買いに行って売ってという工程が面倒に感じるようになったんですよね。

ちょっと不安気質でもある私はコロナ禍で紙の本についているウイルスが気になりだし、それなら電子書籍でいいんじゃないかなと思うようになりました。

 

ミニマリストになった今は物を部屋に入れないことが1番ラクで、それを重視するようになった結果だと思います。

Kindle Unlimitedなら定額でたくさんの本を読むことができるので、紙の本を買わなくても定額の範囲内で十分楽しめるんですよね。毎月数千円本を買っていた頃に比べて節約になりました。

 

 

 

アイロン・アイロン台

私はアイロンも持っていません。その理由はアイロンが必要な洋服自体を持っていないから。

アイロンをかける家事って面倒ですよね。面倒くさがりの私は少しでも家事を時短したくて、アイロンやクリーニングが必要な洋服はすべて手放しました。

 

そもそもアイロンが必要な洋服を持っていなければ、アイロンもアイロン台も必要ないんですよね。洋服のメンテナンスも楽になりましたし、家事も1つ減ったし、物も減って楽チンだな~と感じています。

そもそもたいていの洋服ってアイロンは必要ないんじゃないかなって思います。なくてもたいして変わらないです。

 

紙の写真

今はスマホで写真を撮ることが多いですよね。スマホでデータ化してあれば紙の写真は必要ないんじゃないかなと思っています。

私は以前から写真に写ることは苦手なこともあって、紙に印刷した写真は持っていません。

 

たぶん過去の写真を捨てられないという方は、過去に良い思い出がある方なのだと思います。私からしたら羨ましいくらいです。

無理に捨てる必要はないと感じますが、写真を捨てたいという場合は、写真をまたスマホのカメラで撮ってデータとして残しておくのも良いんじゃないかなと思います。

 

ベッド

リビングでなくて寝室になるのかもしれませんが、私の部屋は1Kでリビングと寝室が分かれていないのでここで紹介します。

私は現在ベッドを処分してソファーを夜はベッドとして使っています。この狭い部屋で暮らしていく上で、昼はソファー夜はベッドと1つ2役をこなしてくれる存在は大きいなと感じています。

 

ベッドが嫌だったのはベッドの下を掃除するのが面倒だったことですね。骨組みが壊れて寝ていて痛かったこと、買い替えるほど必要としてなかったこともベッドを持っていない理由です。

価格も安いし捨てるときにもラクなマットレスや布団で十分なんじゃないかな~と思います。

 

 

 

 

ミニマリストの私が持っていないもの3つ(キッチン編)

 

三角コーナー

 

三角コーナーって一昔前まではどの家庭にもあったものだと思いますが、最近はない家庭の方が多いのかもしれません。

よく考えてみると、シンクに生ごみを放置してしまうのって不衛生ですよね。料理中に出るゴミって野菜のヘタや皮だったり、もともとは食べ物であって汚い物ではないのに、三角コーナーに放置してしまうから汚い生ゴミになってしまうんじゃないかなって思います。

 

なので私は料理の途中に野菜くずなどのごみが出たら、そのときすぐにビニールに入れて冷凍。そうすればこの夏場の暑い季節でもニオイやヌメリはありません。虫がよってくることもなくて安心ですよ。

 

私は節約を心がげていてほぼ毎日自炊をしていますが、鍋は持っていません。そんな私が鍋の代わりに使っているのが、深型のフライパンです。

一般的には煮る・ゆでる料理は鍋、焼く料理はフライパンと使い分けるとされていますが、深さがあるフライパンなら、魚や肉を焼く以外にもカレーやパスタ・鍋料理などの煮る・ゆでる料理まで作れます。

 

用途によって使い分けることが、物が増えてしまう原因なんじゃないかなと思っています。鍋がなくてもフライパン1つで十分だなというのが私の感想ですね。

私が料理下手で簡単な料理しかしない、1口コンロのミニキッチンという状況も関係している気がしますが。料理が苦手で最低限の料理しかしない、1人暮らし、キッチンが1口コンロという方はフライパン1つあれば十分なのではないかなと思います。

 

ざる・ボール

ざるやボールも持っていませんが、困ることはないですね。料理好きな方にとっては必要かもしれませんが、凝った料理を作らない私には必要ありませんでした。

野菜は洗ってから切ればざるは必要ないですし、パスタをゆでたときも箸でお皿にうつせば良い。

 

ボールはお菓子作りが好きな方だと必要かもしれませんが、私はそういったこともないし、ハンバーグを作るくらいならお皿やビニール袋で代用できます。

あえてザルやボールである必要はないなと感じますね。なくてもなんとかならないかな、他の物で代用できないかなと考えてみると、物が減らせる気がします。

 

 

 

 

ミニマリストの私が持っていないもの4つ(バストイレ編)

 

バスタオル

バスタオルはミニマリストさんは持っていない方が多いですよね。私もその1人で、お風呂上がりに身体を拭くときにはフェイスタオルを使っています。

髪の毛もショートになった今は、身体を拭くだけだったら、そんなに大きなタオルは必要ないな~って思います。

 

バスタオルってかさばるし乾きづらいのが嫌なんですよね。うちにはベランダがなく、すべての洗濯物が部屋干しなので、乾きやすいことは物を選ぶときの重要なポイントです。

洗うときの水量も減らせますし、部屋干しでも梅雨の時期でも乾きやすい、収納する場所もとらないといいことだらけでした。

 

マット類

私はバスマット・トイレマットなどのマット類も持っていません。我が家はユニットバスなのでお風呂から上がるときに足を拭いてから出るのでバスマットは必要ありません。

トイレマットは何のために置くのかわからなかったので置いていません。ない方が掃除も簡単です。便座カバーやトイレットペーパーホルダーなども、掃除や洗濯の手間が増えるのが嫌なので持っていませんね。

 

ちなみにバスマットだけじゃなくて、キッチンマットもありません。ない方が断然掃除が簡単です。油が飛んだときには、さっと床を拭けば良いだけです。

 

 

 

洗濯洗剤・お風呂洗剤・トイレ洗剤

私が持っている洗剤は食器洗剤だけです。用途に分けて色々な洗剤が売られていますが、汚れを落とすという目的は全部一緒なんですよね。

洗剤に含まれている香りが苦手になってからは、洗濯には洗濯マグちゃんを使っています。

 

mikeneko-days.com

 

お風呂掃除はお風呂に入ったときに石けんやシャンプーで済ませています。トイレ掃除もお風呂場にあるシャンプーか、汚れが気になったときには食器洗剤で落とせます。

たくさんの洗剤を使い分けていると物が増えて収納場所が必要になりますし、何より在庫の管理やなくなったときに買いに行く手間が面倒くさいな~と感じたので、使い分けることはやめました。在庫管理の手間もなくなり収納もすっきりして快適ですね。

 

リンス

髪をショートカットにしてからリンスがいらなくなりました。洗い流さないトリートメントやヘアオイル・整髪料なんかも全く使っていません。

不思議なんですが、リンスやトリートメントをやめたからといって、特別髪がパサつくとか傷んだとは感じなかったんですよね。むしろリンスやトリートメントが手放せなかったロングだった頃より、サラサラなんじゃないかなと感じるくらいです。

 

この経験をしてから髪の痛みの原因は、髪どうしが絡まることや摩擦なんじゃないかなと感じています。髪の毛が短ければ髪がからまることもないので、リンスは必要ないんですね。

髪が短いと伸びてきたときに気になるので、1~2ヵ月でカットをするようにしていることも髪のパサつきを感じなくなった理由かもしれません。

 

 

 

 

終わりに

ミニマリストの私が持っていないものをまとめてみました。

 

常識では、普通の家庭にはあって当たり前と思って持っているものでも、意外と自分の生活スタイルには必要ないものって多いんじゃないかなって思います。

 

生活スタイルはそれぞれですし、時代によって変わっていくものでもあるので、昔実家にあったから今の生活にも必要かというとそうではない気がします。

 

あって当たり前、あるのが普通という思い込みをとっぱらってフラットな目線で、使っているか必要かで物を見てみると、不要なものって案外たくさんあるんですよね。

 

生きていく上で必要な物って本当に少ないなって思います。1つでも物を減らすヒントになることがあれば嬉しいです。

 

 

長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村