ミニマリストねこの暮らし

1Kの賃貸で猫と彼と暮らすミニマリスト

夏の電気代が昨年より安かった2つの理由。請求書を見るって大事。

 

こんにちは。節約系ミニマリストのねこです。

 

先日、9月支払い分の電気代の請求書が来ました。暑い夏のこの時期、気になるのはエアコンの電気代ですよね。

 

うちは猫を飼っていることもあって昼間(9~18時くらいまで)は、ほぼエアコンを使いっぱなし。昨年の9月分の料金は1万円を超えていて悲鳴をあげたほどでした。

 

なので今年も怖いな~と思いながら請求書を見たのですが、思っていたよりは安くて1万円を大幅に下回っていました!ホッとすると同時に、電気の使い方は昨年と変わっていないはずなのにどうして?と不思議に思いました。

 

そこで請求書をじっくり見てみると、今年の夏の電気代が安かった2つの理由が分かったのでまとめてみたいと思います。電気代を節約したい方の参考になれば嬉しいです。

 

 

電気代が安かった理由その1・エアコンの使い方

 

私の家に届いた9月分の電気代請求書はこんな感じでした。

f:id:neko-gurashi:20200908220439p:plain

電気の使用量が減っていた

 

まずは請求書の料金内訳の右側、真ん中くらいに昨年同月の使用量と今年の使用量を比較してくれている箇所があるんですよね(写真の①の部分)。まずここを見ました。

初めてこの項目を見つけたときは、なんて親切なんだろう!と驚きました(笑)

 

ここを見てみると電気の使用量は329kWh→298kWhへと、わずかではありますが減っていたんです。1日あたりにすると9%。1日あたりで考えると、かなり大きいですね。

 

電気の使用量が減った理由は?

 

ここで疑問に思ったのが、何もしていないはずなのにどうして電気の使用量が減ったのかってことです。

エアコン以外の家電の使い方は変わっていないはずだし、1番気になるエアコンは昨年も今年も同じように昼間はだいたいつけっぱなし。暑くて寝苦しい時期は夜も使っていました。

 

そこで思い当たったのが、設定温度。昨年は設定温度を25℃くらいにしていたような気がしますが、対して今年はずっと27℃に設定していたんですよね。さらに湿度が気になる日が多かったので除湿運転(ドライ)も併用していました。

どうやらこれが電気の使用量を減らす効果があったみたいです。設定温度を2℃上げただけで9%も電気使用量の節約になるなんてびっくりしました。

 

節約になるエアコンの使い方

 

気になって調べてみると、冷房は設定温度を1℃上げると消費電力を約10%削減でき、28℃に設定するのが1番節約になるみたいですね。

さらにエアコンの除湿運転には弱冷房除湿(除湿しながら空気も冷やす)と再熱除湿(室温が下がらないようにしながら除湿する)の2種類があって、弱冷房除湿は冷房より電気の使用量が少ないそうです。

 

f:id:neko-gurashi:20200909171642p:plain

※画像はウェザーニュースさんからお借りしました。

 

我が家で使っているのはダイキンさんのエアコン。ネットで調べてみたところ、弱冷房除湿のエアコンでした。(ダイキンさんの場合、リモコンにドライと書いてあるエアコンは弱冷房除湿だそうです。)

どちらの仕組みになっているかは説明書かネットでわかります。再熱除湿は比較的新しくて高価格帯のエアコンに多く、リモコンを見ると「カラッと除湿」や「さらら除湿」などと書いてあるみたいですね。

今回調べてみて、私も今後はもっと除湿機能を使っていこうと思いました。

 

 

 

電気代が安かった理由その2・燃料価格が安くなった

 

電気代が1000円も値引きされてる?燃料費調整額って何?

 

請求書をじっくり見てみて次に気づいたのが、1000円も値引きされてる項目があること!値引き?なんで??と驚きました。

見てみると燃料費調整額と書いてあります(上の写真の②の部分)。確かこの項目、今までは数百円だった気が・・・気になって見返してみると、4月分では300円弱でした。

 

f:id:neko-gurashi:20200909163134p:plain

 

これって何だろうと思って調べてみると、燃料費調整額というのは電気の燃料となるもの(石油や石炭など)の価格が上がったり下がったりしたときに、それを調整して料金に反映させるための項目みたいです。

 

食べ物でも原材料の値段が上がれば商品の値段が上がるし、原材料が安くなれば商品も安く提供できるというのと似た感じなのかなと思いました。燃料の価格によって電気代が上乗せされたり割引になったりするんですね。

燃料費調整額は過去3ヵ月間の平均が2ヵ月後に反映される。つまり4~6月の平均が9月分に反映されるとのことです。

 

値引きは燃料の価格が安くなったおかげ

 

それでさらに気になって電気の燃料のうち大部分を占める石油の価格を調べてみたところ、4月にがくんと大幅に下がっていたんです!

その状況からすると7月くらいから少しずつ燃料費調整額による値引き幅が大きくなっていたはずですが、料金表をちゃんと見ていなかった私は気づかなかった。今回1000円以上の値引きがあって初めて気づきました(笑)(請求書をしっかり見るのは節約の基本ですね。反省。)

 

それにしても電気を作る原料である石油や天然ガスの価格が、電気料金にまで影響しているとは知らなかったです。考えてみれば当たり前のことなのですが、今回請求書をよく見てみて初めて知ったことですね。勉強になりました!

しかももっとよく見てみると、請求書に翌月の燃料費調整額も書いてくれているんですね。電気代が今後上がるのか下がるのか事前にお知らせしてくれて、とても分かりやすくて親切だなと思いました。

 

 

 

終わりに

 

エアコン必須のこの暑い時期ですが、昨年より電気代が安かった2つの理由は、

  1. 冷房の設定温度を昨年より2℃上げて、さらに除湿機能を併用した
  2. 燃料の価格が大幅に安くなっていた

からでした。

 

熱中症対策としてもペットのためにも冷房が必須な夏。電気代を節約するなら冷房の設定温度は28℃、さらに冷房より弱冷房除湿を使うのが効果的みたいです。

 

さらに電気の燃料の価格を電気代に反映する仕組みになっているので、石油や天然ガスの価格が下がればその分電気代も値引きしてもらえるということみたいですね。

 

今回気になって電気代について調べてみましたが、自分でも驚くほど知らないことがたくさんありました。とても勉強になったなと思います。電気代もミニマムにしたい、節約したいという方の参考になれば嬉しいです。

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村