ねこのひとりごと

猫と彼との1匹と2人暮らし。日々の暮らしで思ったことを、ただ綴るブログです。

好きなことを通して社会と繋がる。

 

こんにちは。

 

ここ数日の雨が上がって

今日はあたたかく、

お洗濯日和の1日。

 

頑張って咲いていた遅咲きの桜も、

ここのところの雨で

すっかり散ってしまったかな。

 

f:id:neko-gurashi:20210418192033j:plain

写真は1週間くらい前に撮りました。

 

 

 

新しい仕事を始めて、

2週間。

 

この2週間を思い返してみると、

生活の変化についていくので

精一杯だったりもしたけれど。

 

とても、楽しかったなぁ

と思います。

 

人間関係が苦手で、

外に出ることを

あれほど怖がっていた私が、

こんなに楽しく働けているなんて。

 

自分でも信じられないくらい

驚いています。

 

 

1日働いて家に帰ってくると

くたくたに疲れているのは

相変わらずですが。

 

そんな心地良い疲れとともに、

今日も1日、本に囲まれて

働けたことを思い返す時間が

また幸せだったりします。

 

 

私は20代のつらかったとき、

本に人生を救われ、

今も本に救われ続けています。

 

なので、

本には特別な思い入れが

あるのです。

 

本を読むことは私にとって

趣味の域を超えて、生きること。

 

本を読むために、

生きているようなもの

かもしれません。

 

 

今回、本の倉庫で働く

ようになって。

 

私が運んだ本が、

誰かの手に届く。

 

そしてその本が、

誰かの心を動かしたり

人生を救ったりする

のかもしれない。

 

そう思うと、

1冊1冊がとても愛おしく

大切に思えます。

 

そして、本と誰かを繋ぐ、

その役割が私にできる。

 

そのことを

とても嬉しく思います。

 

本は私の人生になりつつ

あるのかもしれません。

 

 

もしかして、

人が苦手な私でも、

好きなものを通して

社会と繋がることなら

できるのかもしれない。

 

そう、思いました。

 

好きなことを通して、

社会と関わる。

 

それが私にとって1番健全な

社会との関わり方、付き合い方

だったのかもしれません。

 

 

私はずっと、

自分のことを体力がないとか、

意志が弱く頑張れないとか、

そう思ってきたけれど。

 

本当はそうじゃなかったの

かもしれません。

 

今までは自分と社会とが

うまく付き合っていく方法が

わからなかっただけで。

 

本当は、好きなことや、

楽しいことのためなら、

頑張れる人間だったの

かもしれません。

 

 

自分に合った社会との繋がり方、

自分にあった働く場所や仕事内容、

それに気づくことが

人生に与える影響って大きい。

 

そんなふうに思いました。

 

今は自分に合った方法で

社会にできることがある

社会に参加できることが

ただただ、嬉しいです。

 

また明日から、

楽しく頑張って働きたい

と思います。

 

 

 

最後まで読んでくださって、

ありがとうございます。