ねこのひとりごと

猫と彼との1匹と2人暮らし。日々の暮らしで思ったことを、ただ綴るブログです。

下を向いて歩こう。アルバイトの面接、不採用。

 

こんにちは。

 

今日は朝起きると曇り空で、

せっかく早起きできたのに

朝焼けが見られずに残念でした。

 

でも、4月のうちは、

このくらいの気温の方が

過ごしやすくて嬉しいな

と感じます。

 

f:id:neko-gurashi:20210401180234j:plain

昨日の愛猫。出かけて返ってきたら、寂しがるどころか、気持ち良さそうに寝ていました。

 

f:id:neko-gurashi:20210401180721j:plain

今日の愛猫。最近どうしてか、クローゼットの中がお気に入り。愛猫の重みでぬいぐるみがへたってます(笑)

 

 

仕事探しを始めて、

不安や緊張がありながらも

さっそくいくつか面接を

受けに行ったのですが。

 

そのうちの1つから、

不採用との連絡がありました。

(ちなみに、私が応募したのは

カフェのアルバイト。)

 

実は、

面接を受けたときに自分でも、

ここは私には合わないだろう

と感じていたところでした。

 

きっと、

面接をしてくださった方も

私と同じような印象を受けた

のだと思います。

 

不採用で良かったと思う反面、

自分がダメだと言われたようで

自分の人格を否定されたようで、

ちょっと悲しくなったり。

 

どこにも採用されなくて

働けなかったらどうしよう、

と不安に駆られたり。

 

傷ついたり、不安になったり

すると、以前のように、

安全な自分だけの世界に

また閉じこもってしまいたく

なったりします。

 

外の世界や人たちから

自分を護ろうとしてしまう。

 

 

今日みたいに悲しいことがあると、

楽しいとき、幸せなとき

ばかりだったら良いのにな

と思ったりもするけれど。

 

本当はそれと同じくらい、

悲しいとか寂しいとかいう

気持ちも大切なのではないかな

と思ったりします。

 

悲しいときや、

悩みながら進むときには、

楽しいとき、幸せなときには

見えない何かが見えたりする。

 

自分にとって大切なことに

気がつけるのは、むしろ、

躓いたり、悲しかったり、

寂しかったりしたとき

かもしれません。

 

それに、

悲しいときがあるから

楽しいとき、幸せなときに

より嬉しく、ありがたいことだな

と感謝できるような気がします。

 

 

上を向くこと、前を向くことが

良いこととされがちな世の中

だけれど。

 

悲しい気持ちになったり

ネガティブになったりして 

下を向いて歩いていなければ、

見えない景色や気づけないこと

もあるなと、私は思っています。

 

そして、

ぱっと目を引くような

綺麗な花ではなくて、

コンクリートの道に生える草や

生命を終えた落ち葉の存在に、

私は気がつきたい。

 

だから、

悲しい気持ちになりながら、

心の中で泣きながら、

下を向いて道を歩いた日のことを

私は忘れずにいたいと思うのです。

 

 

上には上を向いたときに

見つけられる綺麗なものがあって、

下には下を向いたときにしか

見つけられない綺麗なものがある。

 

どちらが良い、悪いということ

ではないのかもしれません。

 

楽しいときには楽しいときの、

悲しいときには悲しいときの、

それぞれの景色を見て

何かを感じられたら。

 

そんなふうに生きられたら

穏やかな気持ちでいられそうな

気がしました。

 

 

 

そんな感じで、今日は、

ちょっと悲しくもなったけれど。

 

採用されるかされないかは

相性のようなものだと思うので、

そんなに悲観的になってはいません。

 

私がダメだというより、

合わなかったのだというだけ、

誰も悪くない。

 

と、そう思い直しました。

 

私に合う場所で働ければ

そんな場所を見つけられたら

良いなと思います。

 

 

 

最後まで読んでくださって、

ありがとうございます。