ねこのひとりごと

猫と彼との1匹と2人暮らし。日々の暮らしで思ったことを、ただ綴るブログです。

欲しいと思う物が何もないことに驚いた日。

 

こんにちは。

 

朝起きると、

車のタイヤが水をはじく

ざーっという音。

 

雨が降っていました。

 

太陽が出ていないと1日中、

お布団が愛猫に占領されます。

 

f:id:neko-gurashi:20210308211321j:plain

畳めない・・・(笑)

 

 

昨日は図書館へ行ったあと、

近所のショッピングモールに

立ち寄りました。

 

久しぶりに行ってみると、

ショッピングモールの

物の多さにびっくり。

 

食器でも、洋服でも、雑貨でも、

たくさんの種類や形、色、柄の

ものがあって。

 

ありふれたショッピングモール

の様子のはずが、何だかちょっと

不思議な光景に思えてきたんです。

 

博物館のような、

テーマパークのような、

自分とは違う世界のことのような

不思議な気持ちで眺めました。

 

 

猫柄の食器が可愛いとか、

春らしい洋服が素敵だなとか、

楽しく思いながら。

 

何も欲しいと思わない自分に

自分でも驚きました。

 

可愛い、素敵だなと感じることと、

「欲しい」という感情や

「買う」という行動が直結しない。

 

一線を引いている、

距離が離れている感じ。 

 

 

 

同じショッピングモールにいても、

そんなふうに、数ヵ月前とは違うことを

感じている自分に気づきました。

 

今の私は、

物は物であって、物を買うことや

物をたくさん持つことと、

私が楽しく幸せを感じることは

別のことだと、知っている。

 

生活に必要な物は

もう十分持っているし、

そんな今の生活に満足している。

 

だから、

物への興味がなくなったし、

今以上に、物が欲しいとも

思わなくなったんだと思います。

 

 

今の私にとっては、

物より、感情や言葉、物語が

愛猫や彼と過ごす時間が

大切なんだなと思います。

 

自分にとっての

興味や世界の中心が物から

感情や感覚、思考に移ったというか。

 

物は必要なだけ、あればいい。

 

持ちたい、所有していたい気持ち、

所有欲のようなものは、

どんどんなくなってきている

ような気がしました。

 

 

 

こんなにたくさん物があったら、

ありすぎてどれを選んでいいか

わからないし、選ぶことに

疲れてしまうだろうな。

 

そう思うと、ますます、

買物が苦手になっていく

ような気がします。

 

 

 

最後まで読んでくださって、

ありがとうございます。