ねこのひとりごと

猫と彼との1匹と2人暮らし。日々の暮らしで思ったことを、ただ綴るブログです。

飾らない、何もない部屋にあるもの

 

こんにちは。

 

今日は日差しぽかぽか、春の陽気で、

ちょっと寂しいような、

暖かくて嬉しいような。

 

愛猫は久しぶりに日向ぼっこができて、

嬉しそうです。

 

カーテンの中をこっそり覗いてみると、

夢中になって毛繕いする愛猫の姿が。

 

f:id:neko-gurashi:20210228120555j:plain

 

 

1日の時間も心なしか、

いつもよりゆっくりと流れているような。

 

そんな、穏やかな休日。

 

私は、何もない床と真っ白な壁を

眺めて安心します。

 

必要なものがあるべき場所にあることを。

 

f:id:neko-gurashi:20210228123109j:plain

 

 

何もないとはいっても

この部屋は4.5畳なので、

そんなに広々といった印象ではありません。

 

それでも、

がらーんと何もない空間を見ていると、

心が落ち着きます。

 

改めて、私はこの部屋の薄ベージュの床と

白い壁や天井が好きだなと思います。

 

 

 

何にもないそこには、「空間」がある。

何にもないから、ある。

 

何にもない状態じゃないとないもの、

なんだか、なぞなぞみたいで面白い。

 

何にもないはずの場所に、

私の安心とゆとり、心の平穏、幸せがつまっている。

 

私にとって、この「空間」が

大切なんだと思います。

 

 

がら~んとした飾らない

真っ白な空間を見ていると、

自然と自分の考えていることや

感じていることに気持ちが向いて、

自分を見つめられるような気がします。

 

この部屋とは違って、

私の頭の中はいろんな考えや気持ちで

いっぱいだけれど。

 

 

私もこんなふうに飾らず素のまま、

そのままで生きていきたいな。

 

ほんの一握りの本当に好きなものだけ、

持って生きていきたいな。

 

そんなふうに、思ったりします。

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。