ねこのひとりごと

猫と彼との1匹と2人暮らし。日々の暮らしで思ったことを、ただ綴るブログです。

冬の終わりを感じる寂しさ。春が近づいてくることが怖い。

 

こんにちは。

 

ここのところ換気のために窓を開けると、

昼間は外気が生ぬるい感じで、

どんどん春が近づいてきているのを感じます。

 

冬に窓を開けたときに入ってくる

気持ちがしゃんとするような冷えた空気が好きなので、

生ぬるい空気にがっかりと寂しさを感じました。

 

天気予報によると、

明日はもっと暖かくなるそうですね。

 



冬から少しずつ、

春を感じることが増えてくるこの季節。

 

春の訪れを楽しみにしている

花や生き物たちも多いと思いますが、

私は春と夏の季節が苦手で、

秋と冬の季節のほうが好きです。

 

 

窓を開けたときのしゃきっと冷たい空気。

厚い雲が優しく護ってくれているような空。

あったかい布団にくるまってぬくぬくする幸せと、愛猫の重み。

あつあつの鍋料理やコーヒーの美味しさ。

 

そんな心地良さを感じさせてくれる冬が、私は好きです。

 

 

反対に、

春から夏にかけてのギラギラと眩しすぎる太陽や

平和な空間に許可もなく侵入してくる虫たちが苦手。

 

平穏で静かな冬が終わって、

生命力溢れる春がやってくることが怖いです。

 

 

一年が秋と冬とでできていたら、

私はもっと外に出ることが好きになれたのかもしれないな。

なんて思います。

 

そんなことを思うのは私くらいかなと思うので、

現実の人間関係では春や夏が怖いだなんて、

言ったことがありません。

 

 

 

冬が終わってしまうのは寂しい、

もう少し冬を味わって安心していたい。

 

春が来るまでもう少しの間、

生活の中で冬をかみしめて楽しんでおきたいなと思います。

 

 

f:id:neko-gurashi:20210220195918j:plain

愛猫は春が待ち遠しいのかな。

 

 

感じたことを自由に書いてみたくて、

今日はいつもより改行多め、さらっと短いブログになりました。

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村