ねこのひとりごと

猫と彼との1匹と2人暮らし。日々の暮らしで思ったことを、ただ綴るブログです。

ミニマムがいつも良いわけじゃない。楽しみや好奇心はマキシマムでいたい。

 

こんにちは。ミニマリストねこです。

 

ミニマリストになってからというもの、買わない、捨てるを徹底してきたおかげで、かなり物は減り、すっきり暮らせています。

 

物を減らす、買わないことはすっきりした暮らしを送る上でとても大切なことですし、私の暮らしを楽にしてくれたことは確かです。

 

物を定番化したり最小限にすることで面倒な選択の時間を減らすことで時短になり、より楽しいことに使う時間が増えました。

 

 

f:id:neko-gurashi:20210205084711j:plain

危険な物が出しっぱなしになっていることがないので安心。愛猫も思う存分ごろごろできて楽しそうです。

 

ぐちゃぐちゃだった生活や人生の中で、自分にとって必要なものがわかるようになったこと、家事に時間がかからなくなったことはミニマリストになって良かったなと感じる部分です。

 

 

その一方で最近は、選択肢を減らしていつも同じ物の中で暮らしていると、世界に広がりがなく視野が狭くなってしまっているなと感じることがあります。

 

ミニマリズムは選択と集中。自分にとって不要なものを捨てて、本当に必要なものに集中する。1つのことを探求したり達成したりする手段として、特に効果的です。

 

ですがそのミニマリズムの性質からして、追及しすぎると「あそび」の部分がなくなってしまうように感じてもいます。必要な無駄がなくなってしまうような。

 

 

白黒割り切れずグレーの部分が多い人生、人間という感情がある存在にとっては、少しの無駄やあそびも必要なんじゃないかなと思ったりもします。

そこから気持ちの余裕が生まれたり、新しい発想や発見が生まれるんじゃないかなと。

 

「物が少ない」や「がら~んとした部屋」、「いつも同じ」に安心することも確かなのですが、新しいものを入れる風穴や余裕を持っておくことは必要なのかもしれないななんて思います。

 

 

 

なので最近はちょっと気持ちをゆるめて、自分が好きな趣味や新しく始めたいことに関しては物を増やしてみてもいいのかもしれないなと思うようになりました。

 

物を減らす・増やしたくないことにこだわるあまり、せっかく自分が興味を持ったことややりたいと思った気持ちに、ストップをかけてしまうのはもったいない。

 

自分が楽しいと感じることや興味、好奇心に関しては、ミニマムじゃなくてマキシマムでいたいなと。

 

 

新しいものが常に良いとは思っていないのですが、視野が狭くなりすぎないため自由でいるためには、入ってくるものと出ていくものの流れも必要なのかもしれません。

 

物は最小限でも新しいことへの興味や楽しいことを探求していく気持ちは、自由にどんどん広げていけたらなと思います。

 

そうはいっても私の趣味は読書で、図書館があれば本は増えないので、今のところすぐに物は増えないのですが。

 

でもこれから何かやってみたいと思ったことがあったら、物が増えることは考えずに挑戦してみたいし、自分の興味や好奇心に敏感でいたいなと思っています。

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村