ねこのひとりごと

猫と彼との1匹と2人暮らし。日々の暮らしで思ったことを、ただ綴るブログです。

小さな捨てを積み重ねる。

 

こんにちは。ミニマリストのねこです。

 

部屋を片付けるには1度がっつりと物を減らすことが必要。ですがその状態をキープして綺麗を保っていくのは、もっと日常の小さな捨て習慣だと思います。

 

日常のふとした瞬間に出合う、「そういえば、最近これ・・・使ってないな」に気づいて、そんな小さな捨てを積み重ねること。

 

物を買うことや生活の変化がなくならない限り、部屋のメンテナンスとしての小さな捨てはずっと続けていくものだと思っています。伸びた髪や爪を切るように。

 

 

先日ブログに書いた本(あなたの部屋が汚いのは、才能がありすぎるから)にも、小さな達成感を繰り返してそれを記録につけていくことで、自分は成長しているという実感が得られ自己肯定感が高まるという内容が書いてありました。

 

確かにいきなりクローゼット全体を片付けるとか、がら~んとした部屋にするとかいう大きな目標を立ててしまうと、結果が出るまでに時間がかかるし挫折もしやすい。

 

でも目の前の着ない洋服を捨てるとか、郵便物を玄関ですぐに目を通して捨てるとか、そんな小さな行動だったら毎日1つくらいはできたりします。

 

小さなことでもできた1つ1つの行動を自分で褒める、達成感を得る。そうしているうちにいつの間にか大きな目標も叶っているような気がします。

 

私が片づけが好きなのは、小さな達成感を得ることが楽しいからなのかもしれません。私は私なんだ、私の価値観で良いんだという気持ちを持てたのも、小さな捨てを積み重ねてきたからだと思います。

 

 

そんな今日の小さな捨ては、 

 

f:id:neko-gurashi:20210112051450j:plain

左側が捨てた物。右側は現役。

 

小物干し用の洗濯ハンガーです。本当に小さくて地味(笑)洗濯バサミの部分がいくつか取れてしまっているのですが、骨組みがしっかりしていたのでサブとしてならまだ使えたんですよね。

 

この「まだ使える」が結構なくせ者で・・・私は気に入らない物は簡単に捨てるのに、気に入っていると壊れていても捨てられなかったりします。 

 

ですがこの壊れた洗濯ハンガー、ここ1ヵ月くらい畳んだまま、ほとんど使っていなかったことに気づきました。

 

小物用の洗濯ハンガーは1つあれば足りるし、予備で使うくらいなら洗濯ハンガーじゃなくてもフックつきのクリップで十分でした。

 

f:id:neko-gurashi:20210112123938j:plain

ハンガークリップというらしい。見つけると猫モチーフを選んでしまいます。

 

クリップは他にもキッチンクロスを掛けたり、食べかけの食品の口を止めたりするのにも使っていて、こちらの方が汎用性が高く、複数の用途に使えて便利。使わないときも省スペースです。

 

洗濯は洗濯ハンガーに干すものと思い込んでいたけれど、乾けば干し方や使う道具なんてなんでも良かったんですよね。

 

 

あったら使うかもしれないけど別の物で兼用すれば捨てられる物、最近使ってないなと思う物・・・もっと他にもありそうな気がします。

 

小さな物は持っていてもかさばらないだけに、とりあえず取っておこうとなりがちですが、使わない物を溜めない、不要になった物を溜めない。シンプルにそれだけ。

 

先日のホウキとチリトリだったり、今日の洗濯ハンガーだったり。こういう小さな捨てを積み重ねることが暮らしやすい部屋をつくっていくんだと思います。

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村