ミニマリストねこの暮らし

1匹と2人で暮らすミニマリスト

新居につけるミニマムなシーリングライトと照明の選び方

 

こんにちは。ミニマリストのねこです。

 

先日、リフォーム後の新居を見に行ってきました。リフォームの仕上がりや電源の位置、引っ越し当日荷物を置いてもらう位置なんかを確認しながら、気づいたのが部屋の照明がないこと。

 

今まで照明がもともとついている部屋にしか住んだことがなかったので(ワンルームの物件だから?)、引っ越し1週間前にしてこの事態に焦りつつも、照明を探すことになりました。

 

見方を変えてみれば自分の好きな照明を自分で選べるということ。そこで照明について調べたことと、私が買ったミニマムなシーリングライトについてまとめてみたいと思います。

 

 

どんな部屋にしたい?照明の効果

 

部屋につける照明を自分で買うのは今回が初めて。どうやって選んだら良いか悩みつつも、調べてみると照明を選ぶときの要素にはデザイン・光の色・明るさがあるようでした。

デザインだけでも吊り下げるペンダントライト、天井に直接つけるシーリングライト、集中して光を当てるスポットライトなど、おしゃれな照明がたくさんありました。

 

光の色は大まかに分けると昼光色・昼白色・電球色の3つ。

  • 昼光色→青白い光。集中力を高める効果があり、勉強や作業をする部屋向け。
  • 昼白色→自然光に近い。用途を選ばず、どんな部屋にも向いている。
  • 電球色→温かみあるオレンジ色。リラックス効果があり、寝室やリビング向け。

光の色にはそれぞれ特徴や効果があって、部屋を使用する目的・用途で使い分けると良いそうです。

 

明るさに関する基準は色々あるみたいですが、照らされる面の明るさを表した照度(lx)を目安とすることが多いみたいです。部屋の使用目的によっても変わりますが、一般的には150lx以上が目安みたい。

正直このあたりはちょっと難しくてよくわからなかった・・・(笑)なので単純に〇畳用やW数の表示を基準に選びました。 

 

調べていて、照明の違いで部屋の印象がかなり変わるなと感じました。どんな部屋にしたいか、どんな用途で部屋を使いたいのかを照明を選ぶ前にイメージしておくことが大切だなと思います。

 

私が選んだのはミニマムなLEDシーリングライト

 

照明について色々と調べて、最終的に私が選んだのがこちら。

 

f:id:neko-gurashi:20201112142907j:plain

愛猫が写っています(笑)月の中の兎ならぬ、猫・・・


昼白色のLEDシーリングライトを選びました。白熱電球60W相当(4.5畳用)で1300円くらいでした。大きさは直径15cmくらい?かなり小さくミニマムな作りが気に入りました。横から見るとこんな感じで薄いです。

 

f:id:neko-gurashi:20201112143418j:plain

 

新居は現在暮らしている部屋よりも天井が低めなので、一番シンプルで圧迫感がなく天井がすっきり高く見えそうなシーリングライトを選びました。シンプルな形なので掃除もしやすそう。LEDライトは虫が集まりにくく、省エネにもなるそうです。(嬉しい!)

 

天井にあるソケット?に直接差し込むタイプで、おそらくこの商品は普通は玄関や廊下、クローゼットなどにつける照明なんじゃないかなと思います。

一般的なお部屋用のシーリングライトだと3000円以上はするみたいでちょっと高いし、4.5畳には大きすぎる、2人とも眩しいのが苦手・・・ということで落ち着けるようにやや控えめの明るさのこちらが、ちょうど良いんじゃないかということになりました。

 

天井の明かりは小さくして、昼間は窓からの太陽光、読書をするときはデスクライトで明るさを補うつもりです。 太陽は自然がくれる明かりですね。

照明をつける部屋の用途は1つに限らずに食事をしたり、くつろいだり、パソコン作業もしたり。どんな目的にも使う部屋ということで色は昼白色を選びました。

 

 

ちなみにこの照明をつける予定なのは2部屋あるうちの1部屋。もう1部屋は寝室にするつもりなので、はじめから買わずに引っ越して必要になってから、また購入するか検討したいと思います。

調べてみると照明って奥が深くて難しいですね。でもおかげでミニマムで良い照明が買えたんじゃないかなという気がします。(まだ使ってみないとわからないですね。)

 

照明を新居で取り付けてみるのが楽しみです。実際に使用してみた感想は使ってみてから、また追記できたらなと思います。

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村